Dr. DEOシリーズ (2010)
2010年に発表された「Dr. DEO(ドクターデオ)」シリーズは、2000年に発売された「デオマジック」の進化系。置きタイプ(左)やシート下タイプ(中央)、スプレータイプ(右)など多彩なラインナップ。
“安定化二酸化塩素”を初めて一般用途へ商品化
カーメイトのケミカル商品で「パープルマジック ブレーキダストクリーナー」に続く特徴的な商品は、2000年発売のスチーム消臭・除菌剤「デオマジック」。それまでの消臭剤は、悪臭成分を吸着させるかマスキングするものが多かったが、デオマジックでは、ニオイの元を酸化分解・除去することが可能な“安定化二酸化塩素”を採用した。安定化二酸化塩素は病院やレストランで業務用として用いられることはあったが、一般用途では初めてだった。現在人気の、「Dr. DEO」シリーズにも採用しており、消臭効果の高さがネットなどで高く評価され、家庭用としてもラインナップを増やしている。